確定申告で医療費控除の対象になるのは?

2018年10月27日

毎年確定申告の時期になると「医療費控除しなきゃな~」と準備にバタバタしていまいます。
なんだかんだ家族4人もいると医療費控除ができるくらいの医療費を年間で支払っていることにちょっとビックリですが(汗)
去年くらいからセルフメディケーション税制とやらで指定された医薬品を買うと簡単に控除ができるようになるらしいのですが、金額を考えて比較するとやっぱり医療費控除の方が我が家はメリット大のようです。
さて、毎年「あれ?これって医療費控除の対象になるんだっけ?ならないんだっけ?」というものがある気がします。
例えばインフルエンザの予防接種やコンタクトレンズ、歯の矯正、診断書など…。
ちょっと改めて調べることにしました。
ネットで医療費控除の対象になるのは「治療が目的のもの」になるそうです。
なので予防接種もコンタクトレンズも歯の矯正、診断書は「治療」ではないので医療費控除の対象にはならないようです。
「出産はどうだったっけかな?」と思い調べてみましたが、定期健診や分娩費も医療費控除の対象になるようです。
ちなみに入院した場合の自己都合の差額ベッド代については医療費控除の対象にはならないようです。
さて、明日にでも一度領収書を整理してみましょうかね。